東京大学医学系研究科 国際保健政策学 東京大学 The University of Tokyo

Department of Global Health Policy

Graduate School of Medicine, The University of Tokyo

News

ニュース

Paper on suicide in Japan during the COVID-19 pandemic published

新型コロナウイルス感染症流行中の日本での自殺割合の変化に関する論文がJAMA Network Openに発表されました。厚生労働省の統計データを用いた本研究では、2016−2019年と2020年で比較した場合、2020年には10月と11月に男性で、7月から11月にかけては女性で自殺率が増加していることが明らかになりました。男性では、30歳以下の男性で増加が顕著であり、この年齢層では7月から11月にかけて自殺率が増加していました。同様に、女性では、30歳以下と30~49歳で最も大きい増加が見られました。

論文(英文)はこちらをご覧ください。
日本語訳はこちらをご覧ください。

 

A paper on changes in suicide rates in Japan during COVID-19 has been published in JAMA Network Open. Using the data from the Ministry of Health, Labour and Welfare, the study found that when comparing 2016-2019 and 2020, suicide rates increased in men in October and November and in women from July to November in 2020. For males, the increase was more pronounced among men under 30, with suicide rates increasing in this age group between [...]

2020.11.11

Paper on herbivore in Japan published

日本人全体の異性との交際状況及び異性との交際への興味の有無に関する経年変化を分析した論文が医学誌Plos One に発表された。出生動向基本調査のデータを用いた本研究では、異性と交際していない18-39歳の男女の割合が1992年から2015年の間増加傾向にあるとことが分かった。30代女性の4人に1人、30代男性の3人に1人が未婚活異性と交際していなかった。また、シングルの半数は異性との交際を望んでいないと回答しており、この回答をした人たちでは男女ともに収入や学歴が低く、定職についている可能性が低いことがわかった。
論文の日本語訳はこちら

The first study assessing the proportion of young Japanese adults who are single and have lost interest in romantic relationships has been published in Plos One. In analyses using data from the National Fertility Survey, the proportion of 18-39-year-old Japanese women and men who report single had increased between 1992 and 2015, and around one in four women and one in three men in their thirties were unmarried and not in a heterosexual relationship. Half of the singles reported no interest in [...]

多言語DV相談サービスのポスター(新型コロナウイルス対策関連) Posters on Multi-language consultation services for domestic violence (COVID-19 response)

新型コロナウイルス感染症が流行し、各地域で自宅待機生活を余儀なくされる方の中に、家庭内暴力・暴言(DV)が増えている報告があります。日本政府は、従来のDV対策の相談窓口に加えて、多言語対応できる相談サービス「DV相談プラス」を設立しました(多言語対応サービス開始日:2020年5月1日)。
そのサービスを在日外国人にも広く周知するため、当教室のメンバーを含む有志により、多言語でリーフレット(A4サイズ)を制作しました。周りで被害に困っているかたがいらっしゃる場合は、是非この資料を共有ください。

各言語の資料はこちら。(2020年5月11日更新)

配布しているPDFは、日本国政府や各自治体の方針の変更や情勢の変化などに応じて内容を更新する可能性があるため、シェアや再配布の際は、必ず上記ページの最新版をご確認ください。

As many people spend more time at home in response to COVID-19, there has been an increased reporting of domestic violence. The Japanese government has set up an additional consultation support service, DV Soudan Plus, which will be available in 10 different languages starting May 1, 2020.
In order to ensure that such vital information is shared widely, volunteers from our department and others produced a user-friendly leaflet (A4 sized) on the service. The leaflet will be available in 9 [...]

Translation of “My Hero Is You,” a picture book to address children’s mental health and psychological needs in times of COVID-19

新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威を振るう中、おとなも子どもも大きな不安にさらされています。そのような中、子どもたちの心のケアを目的として、「機関間常設委員会(IASC)」(1991年の国連総会にて創設)の「緊急時のメンタルヘルスと心理社会的支援に関するレファレンス・グループ(MHPSS RG)」が、1冊の絵本を作りました。この制作プロジェクトには、心理ケアの専門家に加え、104 ヵ国の養育者、教員、そして子どもたちが参加しています。この絵本は、世界中の子どもたちのために、子どもたちによって作られました。この度、当教室のメンバーを含む有志が、日本語版を制作しました。日本語版はこちらから、また全言語版の一覧は、こちら(英語)でご覧いただけます。現在も他言語の制作が進んでおり、最終的には100言語あまりの版がそろう予定です。

 

With over 2.7 million confirmed cases worldwide at the time of this writing, a countless number of children have been exposed to great anxiety. The Inter-Agency Standing Committee Reference Group on Mental Health and Psychosocial Support in Emergency Settings (IASC MHPSS RG) developed a picture book project for children to address their mental health and psychosocial needs. The production members included caregivers, teachers, and children from 104 countries, as well as the experts in psychology and [...]

Multi-language communication tools for health facilities in times of COVID-19

当教室のメンバーを含む有志により、医療機関向けの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連多言語コミュニケーションツールを制作しました。資料はこちらからアクセスできます。

Volunteers from our department were involved in the production of multi-language communication tools for health facilities in Japan, specifically designed for dealing with COVID-19 related matters. The tools can be accessed from here.

2020.2.3

A new research project

A new research project has started to examine the social determinants behind low fertility in Japan. The details of the project can be found from the following link.

Attachment [Japanese]

2020.1.7

Public Health Emergency Simulation Exercise from the G20 Okayama Health Ministers Meeting made available

A health emergency simulation exercise, developed by our department and the Ministry of Health, Labour, and Welfare, Japan for the Group of 20 Health Ministers’ Meeting in Okayama, Japan, October 2019, is now made available on our website. To access the material, click here.

2019.11.13

2019 Global Health Diplomacy Workshop

The Department of Global Health Policy is pleased to offer another Global Health Diplomacy Workshop facilitated by a selection of experts in from around the world. This is a free and open workshop, targeting those who have prior experience working in global health and who want to enhance their diplomatic and negotiation skills.

Please register at this link by November 19, 2019.

Please read the course overview for more details and contact information.

This workshop is held in collaboration with the [...]

2019.11.11

2019年 UHC Day記念イベント

UHC Day 2019 「誰一人取り残されない医療を考える: SDGs時代における医療のあり方」

この度、東京大学国際保健政策学教室では、毎年12月12日のUHC Dayを記念してイベントを開催することとなりました。UHC(ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ)とは、「すべての人が、適切な、予防、治療、リハビリに関するサービスを、支払い可能な費用で受けられること」を意味します。2015年に国連総会で持続可能な開発目標(SDGs)が採択されましたが、その中でもゴール3(健康と福祉)の目標3.8ではUHCに直接関係した内容が明確に掲げられています。これまでにも国レベル・世界レベルでUHC達成に向けた様々な努力がなされていますが、2030年までにUHCを達成するために、かつてないほど機運が高まっています。

日本では、1961年に皆保険制度を達成し、世界有数の健康長寿を誇ってきました。しかしながら、UHCが掲げる「誰一人取り残さず医療を届ける(no one left behind)」を考えた時に、果たして日本はUHCを達成していると言えるのでしょうか。

現在日本では、都市部への人口の集中と医療サービスの偏在が起こっており、医療の地域格差が課題となっています。さらに、地理的格差のみならず、貧困層・障害者・セクシュアルマイノリティー、移民等のいわゆる社会的弱者と呼ばれる人たちが医療を受けにくい状況も指摘されています。本イベントでは、日本国内においてこのような医療アクセスへの様々な障壁(地理的障壁及び社会的弱者への医療支援)を抱える当事者の方々や、こうした障壁に対して取り組みを行っている有識者を招き、「誰もが医療サービスを受けられる社会」「誰一人取り残されない医療」を実現するたに、今後どのような取り組みが必要になるかを議論したいと思います。

また、今年は9月23日に国連UHCハイレベル会合が開かれ、世界中の首脳がUHCの重要性を表明しました。我々も世界レベルで議論されているUHCに対する理解を深めると同時に、日本でSDGs時代における「誰一人取り残さない」真のUHCを実現するための工夫を検討していきたいと思います。

日時:12月3日(火) 17:30 – 19:00
場所:都市センターホテル オリオン
都市センターホテルへのアクセス
使用言語:日本語
参加費:無料

参加申し込みは以下リンクからお願いします
リンク

お問い合わせ先:ghpinfo@m.u-tokyo.ac.jp

本イベントのチラシはこちら

<プログラム>
第一部:オープニング・基調講演

開会挨拶:喜多洋輔氏, 厚生労働省大臣官房国際課 国際保健企画官
基調講演:高山義浩氏, 沖縄県立中部病院 感染症内科・地域ケア科 副部長

第二部:教育講演

杉下 智彦氏, 東京女子医科大学 国際環境・熱帯医学講座 教授/講座主任

第三部:パネルディスカッション

テーマ:誰も取り残されない医療を実現するための鍵ーあるべきヘルスケアの姿ー
• 高山義浩氏, 沖縄県立中部病院 感染症内科・地域ケア科 副部長
• 杉下智彦氏, 東京女子医科大学 国際環境・熱帯医学講座 教授/講座主任
• 田口亜希氏, 一般社団法人日本パラリンピアンズ協会理事、パラリンピック射撃 元日本代表、日本郵船株式会社 広報グループ 社会貢献チーム
• 二見茜氏, 東京医科歯科大学医学部附属病院 国際医療部、副部長
• 村上綾氏, IFMSA-Japan 人権と平和に関する委員会 責任者

主催:東京大学国際保健政策学教室
共催:東京女子医科大学 国際環境・熱帯医学講座、東京医科歯科大学医学部附属病院
後援:IFMSA-Japan (国際医学生連盟 日本)
本イベントは厚生労働省科学研究費補助金対象事業の一環として実施されます

2019.10.29

Systematic Review and Meta-analysis Workshop 2019

The Department of Global Health Policy held a Systematic Review and Meta-analysis Workshop, which has been held on an annual basis since 2016. This year’s facilitators were Assistant Professor Mizanur Rahman and Professor Masahiro Hashizume as well as Professor Erika Ota of St. Luke’s International University. The workshop was held on October 28 – 29, 2019 (10:00-15:30) with a total of 37 participants from the department as well as those outside of the University.

2019.10.1

New Chair of the Department of Global Health Policy

Professor Masahiro Hashizume has joined the faculty as the chair and professor of the Department of Global Health Policy. The department held a welcome party on October 1, 2019 with all the students and faculty to commemorate this occasion.

2019.7.23

New research project has started

New research projects on “Relationship status and interests in relationships with the opposite sex among young Japanese adults” has started. Details can be found from the following link.

Attachment [In Japanese]

2019.4.8

Paper on sexual inexperience in Japan published

日本人全体の異性間性交渉未経験の割合を推定した論文が英医学誌BMC Public Health に 発表された。出生動向基本調査のデータを用いた本研究では、異性間性交渉の経験がない 18-39歳の男女の割合が1992年から2015年の間増加傾向にあるとことが分かった。30代の男女の10人に一人は異性間性交渉未経験であった。無職、非正規・時短雇用及び低い収入が、男性では異性間性交渉経験が無いことに関連していることがわかった。

論文の日本語訳はこちら

The first study assessing the proportion of young Japanese adults who has no heterosexual experience has been published in BMC Public Health. In analyses using data from the National Fertility Survey, the proportion of 18-39 year-old Japanese women and men who report no experience of heterosexual intercourse had increased between 1992 and 2015 and 1 in 10 adults remained inexperienced in their 30s. Among men (but not women) unemployment and [...]

2018.6.1

New research projects have started

New research projects on (1) nutrition and lifestyle-related disease outcome among Japanese population and (2) health system performance assessment across Japan, have started. Details can be found from the following links, respectively.

Attachment 1 – (1) [Japanese]
Attachment 2 – (2) [Japanese]