東京大学医学系研究科 国際保健政策学 東京大学 The University of Tokyo

Department of Global Health Policy

Graduate School of Medicine, The University of Tokyo




News
2015.3.13

GHP Publishes Major Tobacco Research in the Lancet

Is the world on track towards eliminating the tobacco epidemic?

With more than one billion individuals projected to be tobacco smokers by the year 2025, persistent disparities in tobacco smoking between countries, and rapid growth of smoking in African and eastern Mediterranean nations, there are still major challenges to be overcome in curbing the tobacco epidemic. These are the findings of a collaborative project led by Ver Bilano, a graduate student in the Department of Global Health Policy, which is published [...]

2015.3.13

2025年の世界の喫煙削減目標は達成可能か?

発表者: 

ビラノ バー(東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学 博士課程大学院生)

ギルモア スチュアート(東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学 助教)

渋谷 健司(東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学 教授)

発表概要: 

世界保健機関(WHO)の世界モニタリング枠組に従い、WHO加盟国は2025年までに、たばこ使用を削減する目標を達成することに合意している。これまで、この削減目標が達成可能であるかどうかを検討した研究はなかった。

今 回、東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学の渋谷健司教授、同博士課程ビラノ・バー大学院生、ギルモア・スチュアート助教らは、WHO及び豪州ニュー カッスル大学との共同研究により、多くの国で2025年までにたばこ使用の削減目標が達成される見込みは低いとの結果を得た。

研究チームは、たばこ規制に関するWHO包括的情報システムのデータと最新の統計解析モデルを用いて、喫煙率に関して、1990年から2010年までの動向を検証し、2025年までの将来予測を行った。

世 界全体では、喫煙率は少しずつ低下しており、2000年から2010年にかけて、男性の喫煙率が125カ国(72%)、女性では155カ国(87%)で減 少した。しかし、アフリカや中東の国々では今後、喫煙率は増加し、2025年時点で喫煙人口は11億人に達し、たばこの使用が世界的に広がるリスクがある と予測された。

2025年までのたばこ使用の削減目標を達成し、たばこ使用を世界的に根絶するためには、即座に効果的かつ持続的な世界的なたばこ規制が必要であると結論付けられた。

発表雑誌: 

雑誌名: The Lancet 2015年3月14日号 385: 966–76

論文タイトル:Global trends and projections for tobacco use, 1990–2025: an analysis of smoking indicators from the WHO Comprehensive Information Systems for Tobacco Control.

著者:Ver Bilano, Stuart Gilmour, Trevor Moffiet, Edouard Tursan d’Espaignet, Gretchen A Stevens, Alison Commar, Frank Tuyl, Irene Hudson, Kenji Shibuya.

2015.1.29

AXA Department of Health and Human Security Seminar

Introduction to the AXA Research Fund and New Grant Opportunities

Date:  February 4, 2015 (Wed) 14:00 to 15:30

Venue:  3rd Floor, Ito International Research Center, The University of Tokyo Hongo Campus

Topic: Introduction to the AXA Research Fund and new grant opportunities

Speaker: Mr. Godefroy Beauvallet, Head of the AXA Research Fund

We will organize a Q&A and discussion session after the presentation.

Overview:

The AXA Research Fund supports research activities by funding the Chairs (i.e. professorship in universities [...]

> more

Seminars
2014.11.28

The Ebola Outbreak: How to Move Forward From Here

米国陸軍感染症医学研究所(USAMRIID)エボラ出血熱研究最高責任者による講演会

The Ebola Outbreak: How to Move Forward from Here

エボラ出血熱治療研究の最前線

東 京大学大学院 医学系研究科 国際保健政策学教室、一般社団法人アフリカ協会は、12月2日(火)、エボラ出血熱をはじめ感染症研究分野においてアメリカ陸軍感染症 医学研究所(USAMRIID)の統括を務めるSina Bavari博士をお迎えして講演会を開催致します。

感染症研究の世界的権威の一人でもあるBavari博士に、エボラ出血熱治療に関する 最新研究の成果及び今後の見通しに関する発表を行って頂く、国内では大変貴重な機会です。

ご多忙中とは存じますが、エボラ出血熱及び感染症対策にご関心をお持ちの皆様に、奮ってご参加頂けますと幸いです。

講演タイトル:エボラ出血熱治療研究の最前線

日時:12月2日(火)18:00~19:30(受付開始17:30)

場所:東京大学本郷キャンパス 情報学環・福武ホール 地下2階 福武ラーニングシアター (http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/facilities-inside/theater.html)

講演者:シナ・ババリ博士(米国陸軍感染症医学研究所 最高研究責任者)

講演者プロフィール: ネブラスカ大学にて免疫学及び薬理学の博士号を取得。現在、アメリカ陸軍感染症医学研究所(USAMRIID)の研究統括をはじめ様々な要職を務めなが ら、30以上の抗エボラウイルス薬の開発に携わっている。また、世界保健機関(WHO)とビル&メリンダ・ゲイツ財団におけるエボラウイルスに対する治療 薬開発の科学諮問委員会の委員、米国国立衛生研究所 科学顧問委員会の特別顧問でもある。

参加費:無料

主催:東京大学 大学院医学系研究科 国際保健政策教室、一般社団法人アフリカ協会

共催:一般社団法人ジェイ・アイ・ジー・エイチ(JIGH)

後援:外務省(予定)、厚労省(予定)

言語:英語*通訳のご用意はございませんが、講演内容の概要について日本語資料をご用意します。

事前登録をお願いいたします:https://sites.google.com/site/ebolaseminar/

Global Health Special Seminar

The Ebola Outbreak: How to Move Forward from Here

Speaker: Sina Bavari, PhD, Chief Scientific Officer, U.S. Army Medical Research Institute of Infectious Diseases

Date: Tuesday, December 2, from 18:00-19:30(Opening Time 17:30)

Location: Fukutake Learning Theater at The University of Tokyo (http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/facilities-inside/theater.html)

Biography: Dr. [...]

> more

Contact