東京大学医学系研究科 国際保健政策学 東京大学 The University of Tokyo

Department of Global Health Policy

Graduate School of Medicine, The University of Tokyo




News
2014.12.15

University of Tokyo Selected as an APO Research Hub

The alliance led by the University of Tokyo and the International Health Policy Program (IHPP) has been selected to the Asia Pacific Observatory on Health Systems and Policies as a Research Hub and Network, with GHP’s professor Kenji Shibuya as the Director. The University of Tokyo, in close collaboration with IHPP, will lead research and policy development work on health systems in collaboration with 14 major institutions from 6 countries in the Asia Pacific region: Bangladesh, China, Japan, Korea, [...]

2014.11.19

Joint Research Network Forum on Aging and Health in Asia

On 11th – 13th November 2014, GHP hosted the Joint Research Network Forum on Ageing and Health in Asia, in collaboration with Mahidol University, The Lancet and GLP/EDGE. The Forum, held at the Ito International Research Center at the University of Tokyo, was attended by senior academics, policy makers and representatives of public and private organizations. The Forum aimed to kick start the process of developing a series of papers on aging and health in Asia, to build research collaboration [...]

2014.9.18

国際保健政策学教室事務補佐員募集

国際保健政策学教室は事務補佐員を募集しています。詳しくは添付ファイルを参考にしてください。

> more

Seminars
2014.11.28

The Ebola Outbreak: How to Move Forward From Here

米国陸軍感染症医学研究所(USAMRIID)エボラ出血熱研究最高責任者による講演会

The Ebola Outbreak: How to Move Forward from Here

エボラ出血熱治療研究の最前線

東 京大学大学院 医学系研究科 国際保健政策学教室、一般社団法人アフリカ協会は、12月2日(火)、エボラ出血熱をはじめ感染症研究分野においてアメリカ陸軍感染症 医学研究所(USAMRIID)の統括を務めるSina Bavari博士をお迎えして講演会を開催致します。

感染症研究の世界的権威の一人でもあるBavari博士に、エボラ出血熱治療に関する 最新研究の成果及び今後の見通しに関する発表を行って頂く、国内では大変貴重な機会です。

ご多忙中とは存じますが、エボラ出血熱及び感染症対策にご関心をお持ちの皆様に、奮ってご参加頂けますと幸いです。

講演タイトル:エボラ出血熱治療研究の最前線

日時:12月2日(火)18:00~19:30(受付開始17:30)

場所:東京大学本郷キャンパス 情報学環・福武ホール 地下2階 福武ラーニングシアター (http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/facilities-inside/theater.html)

講演者:シナ・ババリ博士(米国陸軍感染症医学研究所 最高研究責任者)

講演者プロフィール: ネブラスカ大学にて免疫学及び薬理学の博士号を取得。現在、アメリカ陸軍感染症医学研究所(USAMRIID)の研究統括をはじめ様々な要職を務めなが ら、30以上の抗エボラウイルス薬の開発に携わっている。また、世界保健機関(WHO)とビル&メリンダ・ゲイツ財団におけるエボラウイルスに対する治療 薬開発の科学諮問委員会の委員、米国国立衛生研究所 科学顧問委員会の特別顧問でもある。

参加費:無料

主催:東京大学 大学院医学系研究科 国際保健政策教室、一般社団法人アフリカ協会

共催:一般社団法人ジェイ・アイ・ジー・エイチ(JIGH)

後援:外務省(予定)、厚労省(予定)

言語:英語*通訳のご用意はございませんが、講演内容の概要について日本語資料をご用意します。

事前登録をお願いいたします:https://sites.google.com/site/ebolaseminar/

Global Health Special Seminar

The Ebola Outbreak: How to Move Forward from Here

Speaker: Sina Bavari, PhD, Chief Scientific Officer, U.S. Army Medical Research Institute of Infectious Diseases

Date: Tuesday, December 2, from 18:00-19:30(Opening Time 17:30)

Location: Fukutake Learning Theater at The University of Tokyo (http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/facilities-inside/theater.html)

Biography: Dr. [...]

> more

Contact