東京大学医学系研究科 国際保健政策学 東京大学 The University of Tokyo

Department of Global Health Policy

Graduate School of Medicine, The University of Tokyo

2020.4.30
Information Latest News

多言語DV相談サービスのポスター(新型コロナウイルス対策関連) Posters on Multi-language consultation services for domestic violence (COVID-19 response)

新型コロナウイルス感染症が流行し、各地域で自宅待機生活を余儀なくされる方の中に、家庭内暴力・暴言(DV)が増えている報告があります。日本政府は、従来のDV対策の相談窓口に加えて、多言語対応できる相談サービス「DV相談プラス」を設立しました(多言語対応サービス開始日:2020年5月1日)。
そのサービスを在日外国人にも広く周知するため、当教室のメンバーを含む有志により、多言語でリーフレット(A4サイズ)を制作しました。周りで被害に困っているかたがいらっしゃる場合は、是非この資料を共有ください。

各言語の資料はこちら。(2020年5月11日更新)

配布しているPDFは、日本国政府や各自治体の方針の変更や情勢の変化などに応じて内容を更新する可能性があるため、シェアや再配布の際は、必ず上記ページの最新版をご確認ください。

As many people spend more time at home in response to COVID-19, there has been an increased reporting of domestic violence. The Japanese government has set up an additional consultation support service, DV Soudan Plus, which will be available in 10 different languages starting May 1, 2020.
In order to ensure that such vital information is shared widely, volunteers from our department and others produced a user-friendly leaflet (A4 sized) on the service. The leaflet will be available in 9 different languages. Please share the material with those around you who may be in need.

The leaflet can be accessed from here. (Updated May 11, 2020)

To reflect the most accurate and updated information from by the Japanese government, the content of the leaflets may be edited without notice,. We therefore ask that you check for the latest version when sharing the material with others.