東京大学医学系研究科 国際保健政策学 東京大学 The University of Tokyo

Department of Global Health Policy

Graduate School of Medicine, The University of Tokyo

What's New

新着情報

New Faculty

多言語DV相談サービスのポスター(新型コロナウイルス対策関連) Posters on Multi-language consultation services for domestic violence (COVID-19 response)

新型コロナウイルス感染症が流行し、各地域で自宅待機生活を余儀なくされる方の中に、家庭内暴力・暴言(DV)が増えている報告があります。日本政府は、従来のDV対策の相談窓口に加えて、多言語対応できる相談サービス「DV相談プラス」を設立しました(多言語対応サービス開始日:2020年5月1日)。
そのサービスを在日外国人にも広く周知するため、当教室のメンバーを含む有志により、多言語でリーフレット(A4サイズ)を制作しました。周りで被害に困っているかたがいらっしゃる場合は、是非この資料を共有ください。

各言語の資料はこちら。(2020年5月11日更新)

配布しているPDFは、日本国政府や各自治体の方針の変更や情勢の変化などに応じて内容を更新する可能性があるため、シェアや再配布の際は、必ず上記ページの最新版をご確認ください。

As many people spend more time at home in response to COVID-19, there has been an increased reporting of domestic violence. The Japanese government has set up an additional consultation support service, DV Soudan Plus, which will be available in 10 different languages starting May 1, 2020.
In order to ensure that such vital information is shared widely, volunteers from our department and others produced a user-friendly leaflet (A4 sized) on the service. The leaflet will be available in 9 [...]

Translation of “My Hero Is You,” a picture book to address children’s mental health and psychological needs in times of COVID-19

新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威を振るう中、おとなも子どもも大きな不安にさらされています。そのような中、子どもたちの心のケアを目的として、「機関間常設委員会(IASC)」(1991年の国連総会にて創設)の「緊急時のメンタルヘルスと心理社会的支援に関するレファレンス・グループ(MHPSS RG)」が、1冊の絵本を作りました。この制作プロジェクトには、心理ケアの専門家に加え、104 ヵ国の養育者、教員、そして子どもたちが参加しています。この絵本は、世界中の子どもたちのために、子どもたちによって作られました。この度、当教室のメンバーを含む有志が、日本語版を制作しました。日本語版はこちらから、また全言語版の一覧は、こちら(英語)でご覧いただけます。現在も他言語の制作が進んでおり、最終的には100言語あまりの版がそろう予定です。

 

With over 2.7 million confirmed cases worldwide at the time of this writing, a countless number of children have been exposed to great anxiety. The Inter-Agency Standing Committee Reference Group on Mental Health and Psychosocial Support in Emergency Settings (IASC MHPSS RG) developed a picture book project for children to address their mental health and psychosocial needs. The production members included caregivers, teachers, and children from 104 countries, as well as the experts in psychology and [...]

Multi-language communication tools for health facilities in times of COVID-19

当教室のメンバーを含む有志により、医療機関向けの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連多言語コミュニケーションツールを制作しました。資料はこちらからアクセスできます。

Volunteers from our department were involved in the production of multi-language communication tools for health facilities in Japan, specifically designed for dealing with COVID-19 related matters. The tools can be accessed from here.

2014.4.16

国際保健学専攻の平成27年度入試説明会

国際保健学専攻の平成27年度入試説明会が開催されます(4/26)
詳細は国際保健学専攻ウェブサイトをご参照下さい。

The School of International Health will hold an open seminar for prospective students on 26th April. Please visit the SIH site for times and location.

2013.10.30

Global Leader Program for Social Design and Management

The GSDM Global Leader Program for Social Design and Management is now taking applications. Learn more about the program here.

2012.12.14

平成25年グローバルヘルス・リーダーシップ・プログラム(GHLP)

GHLPでは、2013年度の受講生募集を開始いたしました。グローバルヘルス分野でのインターンシップ派遣や講義に加え、リーダーシップスキルを高めるためのワークショップなども行っています。
書類提出締め切りは2013年1月28日です。ご興味をいただけるようでしたら、下記のリンクよりご登録ください。早めにご登録いただいた方には、募集の参考になる情報をメールで配信いたします。
http://www.ghlp.m.u-tokyo.ac.jp/admissions/overview/

また、ご興味をお持ちいただけそうなお知り合いの方々にも上記のリンクをシェアいただけましたら幸いです。

* 講義は全て英語で行われます。
* 博士課程在学中/ポスドクの方は正規生として、その他の方は聴講生としてご応募いただけます。
* 日本学術振興会の特別研究員になっている方でも、インターンを行うことは可能です。(http://www.jsps.go.jp/j-pd/data/tebiki/h24_tebiki.pdf P31参照) 詳細はGHLP事務局までお問い合わせください。

ご質問等ございましたら、ghlp@m.u-tokyo.ac.jpまでお気軽にお問い合わせください。

皆様からのエントリーを心よりお待ちしております。

東京大学 グローバルヘルス・リーダーシップ・プログラム(GHLP) 事務局
ghlp@m.u-tokyo.ac.jp

2012.12.14

The 2013 Global Health Leadership Program

The University of Tokyo’s Global Health Leadership Program (GHLP) is now accepting applications for the 2013 program.
If you are interested in gaining frontier knowledge in global health, doing a sponsored internship and developing your leadership skills, this program will be an amazing opportunity for you.
* The instructional language of all lectures will be English.

The application deadline is January 28, 2013. Please register early at this link so you can receive useful information on our admissions via email.

If you [...]

2012.8.15

Our collaborative research showing low levels of internal radiation exposure in Minamisoma City has been published in JAMA, and is receiving international media attention. Read about it here in the Washington Post.

2012.4.12

The paper will be published in Bulletin of the World Health Organization.

Results from an analysis led by Professor Shibuya will be published in Bulletin of the World Health Organization.

Publication: Bulletin of the World Health Organization
< href="http://www.ghp.m.u-tokyo.ac.jp/wp-content/themes/ghp/pressrelease412_ja.pdf" target="_blank">Press Release (in Japanese)

2012.1.7

Apply Now! “Global Health Leadership Program 2012”

[Link]
Program Dates: April 11 – June 30, 2012 (provisional)
Enrollment: 30 students
Language of instruction: English
Location: Hongo Campus, The University of Tokyo
Application Deadline: February 7, 2012

2011.12.6

One of our alumni, Rayden Liano, who was a Luce Scholar from 2010-2011
working in our department, was awarded 2012 Marshall Scholarship.

2011.8.21

Mr. Nomura and Ms. Sugimoto from M1 appeared in MEDICAL TIMES for their activities in the affected areas of the earthquake.

Several members from GHP are working as medical volunteers in the affected areas. MEDICAL TIMES issue#2023 (in Japanese)

2011.8.15

We are launching the Lancet Special Series on Japan

Restructuring Japan’s Healthcare System―Beyond the March 11 Disaster

A GHP staff will give a talk on challenges and opportunities of the Japanese domestic and global health policies.

Date & time: September 1, 2011, 9:30–17:30
Venue: U Thant International Conference Hall, United Nations University
Organizers: Japan Center for International Exchange, Lancet